呵呵

 蠟がぽたぽたと濡れそぼる。それは、夕立が雨粒を落としていくのと同じくらいの速さで、考え事なんてしようものなら、あっという間にそこらじゅうが蠟まみれだ。人々はそれを嫌がり、蠟燭立てをこしらえたり、地面に落ちて固まった蠟をへらで削り取ったりする。一方、私は背中を丸めて彼らを眺めるだけで、何もせず、何も考えず、ただ時間が過ぎ去るのを待っていた。そして、はっと気がつくと身動きが取れなくなっていた。くるぶしからすねへ、すねからひざへ、ひざからももへと、蠟はじわじわと身体を侵食していたのだ。何もできなかったし、何をしようともしなかった。彼らは、蠟人形になった私を一瞥した。「馬鹿だなあ」と愚弄するかのような目つきの者、「かわいそうに」と同情のまなざしを送る者。あまりにも多くの目玉が一斉にこちらを向くものだから、私はついに恐ろしくなって瞼を閉じようと試みたものの、よく考えると蠟人形はまばたきも呼吸もしないので、やめた。人間として無意識、あるいは当たり前に行っていたことが起こらない、もしくはできない、する必要がないのなら、食事や睡眠も必要ないのだろうか。その通りだとしたら、これは全く憂慮すべき事態ではない。浮いた食事代で洋服や本を購入できるし、寝ずに好きなだけ本を読んだり音楽を聴いたりできるし、むしろ人間だった頃よりも生産的ではないだろうか。私はこの異常な状況の下にも、どこか冷静な自分の存在を確かに感じていた。それから、自分が蠟人形になってしまったことが、可笑しくて仕方なくなってきた。蠟で固まったぼこぼこの四肢を眺めて、私はげらげらと腹を抱えて笑った。一年間ほど笑い続けたかもしれない。

 部屋で一人、日付も曜日も時刻も全く見当がつかない。ドアも窓も全て締め切られ、空気は澱み、間接照明の頼りない灯りが私を困惑させる。衝動的にソーシャル・ネットワーキング・サービスのアカウントを削除した。自分以外の全ての人間が死んだ。それは、酸鼻を極めた九月のことだった。

広告を非表示にする